嬉遊曲バナ
企画・原案・ディレクション・シナリオその他
通信販売中

HentaiJapanimation4seasons

四季折々のへんじゃぱ

スポンサーサイト

2005.08.23 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ユダ おまえもまた孤独

2005.08.03 Wednesday 20:43
 ありえない話だが、この台詞が「ユダ……お前も寂しかったんだな」だったらどうか。ダメダメである。
 似非とは言え中国拳法漫画だから無駄に漢語を使っておこう、という、武論先生か原先生かは知らないが、そのような配慮が当然あるわけだ。
 あー、はい。『NARUTO』の悪口。和風ニンジャファンタジーでAクラス任務とかってありえなくね?
 ずっと違和感はあったんだけど少年漫画ってそんなもんだっけかなあと思って放置してたんだけど、『北斗の拳』、あの何も考えてないの代名詞である『北斗の拳』すらそこの配慮はしていたと気づき書いておく次第。
 まあでもいいんだろうな、別に。いや、いいんだろうとは思うんだけど、『NARUTO』以外はみんなちゃんとやってるよな。なんだ。どうすればいいんだ。
 何を今更って? うるせこの前今更『北斗の拳』強さ論議した流れだからいいんだよ。
漫画 | comments(0) | trackbacks(0)

総合/異種格漫画が三大週刊少年誌ではあまり振るわない件について。

2005.07.16 Saturday 06:16
 90年代からこっち、十巻超えたのって『破壊王ノリタカ!』『真島クンすっとばす!』『史上最強の弟子ケンイチ』くらいではないかしら。あ、『人間凶器カツオ』って十巻行ってるのか。それはそうと『ケンイチ』格闘技か?
 『バキ』チャンピオン『タフ』YJ『軍鶏』アクション『修羅の門』月マガ。三大週刊少年誌には入らないの、青年誌、青年誌、月刊。
 『DRUM拳』『風の伝承者』『秘拳伝キラ』となんかあの辺あんま長続きしなかったなあ、という印象論以上のあれやこれやがあるわけではないですが。あー、今三大少年誌で格闘技漫画って『一歩』と『ケンイチ』しかない?
 球技漫画はいっぱいあるのになあ。

 なんかマイナーなんだね格闘技漫画って、という以上のアレはないです。

ついき
 『タカヤ』も入らなかあないか。
漫画 | comments(2) | trackbacks(0)

シグルイ4

2005.06.21 Tuesday 02:37
 逃避のように書き殴り。
 色んなパターンの味のある顔が描けるのに一番美しい顔が小動ぎもしないってのは味のある顔はいっぱい描けるけど結局美形ってどれよ、な漫画家(尾田栄一郎とか村田雄介とか久保帯人とか。ジャンプ作家ばっかかよ)が多い中で稀有な資質だと思った。珍しいだけで別に何、てこたあないんだけど。
 それはつまり常に一番美しい奴が主人公、という如何ともしがたいスタイルを貫いてきたからなんだろうけど。
 ええ、はい、そんなに美少年が好きか、という話でしたよ。

 ところでこれに南條範夫原作、と銘打つのはあまりに嘘な気がする。原作を史実だと信じた上で歴史漫画を描いている、という方が多分あてはまる。信長モノの小説・漫画に原作太田牛一とは表記すめえ。
漫画 | comments(0) | trackbacks(2)

最近よんだ漫画

2005.06.05 Sunday 02:29
・ジオブリーダーズ11
 えろう面白かった。
 化け猫と戦う会社員である事、をきっちり真正面から見据えている。

・ブリーチ17
 みんなが大好き更木隊長大暴れ。七緒ちゃんの出番がないぞ! ついでに一護も。

・ガンスリ5
 なんかこう、べったらしちゃってんなあ、と思わなくもない。絵が? や、絵はなんかどっちだそっちはって方に向かってっけど。あの界隈的にはマシになってるらしき事がまた。あの界隈は今木さんとか俺とかがアレしてたあの界隈。

・ドールガン1,2
 なんか少年誌エロスが必要になったので。生きるのに。
 ドールガンはイマジネーターみたいだね、と愚にもつかない事を言う俺。

・LOVELESS1,2,3,4,5
 江夜と倭はいいなあ、と思った。ボルフォッグ対ルネ。『新世紀エヴァンゲリオン』の対し後続のロボットアニメが決定的に勝っている点は、かかずゆみ声のパイロットを登場させられる事だ、と俺は半ば本気で信じていますの。
 戦闘機-サクリファイスってのはまあ、古典的っちゃ古典的なアレですけど。まあ近くは騎士-ファティマとして知られる問題系の変奏。近くは?
 親友、という立夏の評は明らかに間違っていて、そこのツッコミは正しいのだがそこで戦闘機とサクリファイスって言い出すのどうよ。恋人じゃん。というか恋人と戦闘機とサクリファイスがどう違うのかは恐らくは敢えて曖昧にされていて、なんかもう、そこが、ね。辛抱たまらん。
 ところで世の中には川原泉じゃないと読めない男子、というのがいて、そう言う人に限りこういう少女漫画の洗礼を受けた少年漫画が読めなかったりするんじゃないか、と思ったよ。少年漫画? いや、一応。

・一騎当千9
 さくさく進もうよさくさく。今回孫策出番ゼロて。
漫画 | comments(0) | trackbacks(0)

最近 漫画編

2005.05.13 Friday 03:10
・『チェンジング・ナウ』2 UMA
 勘違いされがちですが、ヘタウマのように見えて実はガチで上手い、ようでいてよくよく見るとそこまでではないです。
 まるで80年代のSF短編のような話よね、火浦功とか、岬兄悟とか。
 何故今これ、と思わなくもないんだけれど、まあ面白いです。真騎くんはいいキャラだと思う。

・『アイシールド21』1−13 稲垣理一郎・村田雄介
 初長期連載なのに不思議と劇的には絵が上手くならない漫画。
 ベースラインむっちゃ高いけど。
 10年前デビューでそれから小畑健のアシなんていう環境だと連載持つ前に画力上がりきっちゃうもんなのかも。
 まもり姉ちゃんが随分とまあエロい。
 このエロさはキスではオチがつかんぞ・・・と思っていたらまもり×ヒル魔ルートなのね。太陽戦とかあまりに露骨だよねー。いや、まあ、それだからこそまもり×セナに振り直すダイナミズムをって話にもなるけど。
 まもりへの”告白”をどの程度オチにする気があるか、ですよね、つまり。違う言い方をすれば、”告白”なのか”宣告”なのか、という事でもあります。前者ならば、まもり姉ちゃんに相応しい男に、という路線ですし、後者ならば僕は新たなステージに行くよ君を踏み台にしてね、という路線です。
 ところで漫画読んでる分にはまもり×ヒル魔もいいかなと思わなくもない、ヒル魔があんまりにも少年漫画的姉っぽくっていつ「Da-Cha!」と田中理恵声で叫ぶかはらはらするしいいよね姉×姉、とか思うんだけど、アニメ見ると平野綾がロンブー亮に・・・と少しく凹む漏れだ(追記;淳じゃん、と気付いた俺だが平野綾がロンブー亮の普段ヤられている事をされちゃうの、とも読める事により訂正はしません。ナマモノかよ)。
 まもり×雪光押し、という事で。
 まもり攻めなんだ、あくまで。

・『彼女のカレラ』1 麻宮騎亜
 麻宮漫画新刊で買うの初めてですか、ひょっとして。
 お母さんがかっこいい。
 ミウラが964よりワインディングで速い、というこたあねえ気がするが。アウトストラーダでぶっ飛ばして助手席のねーちゃんをきゃあきゃあ言わせる車だよ、基本的に。
 等身大つーか父親なにもんだよ、と思うのでした。

・『ソウルイーター』3 大久保篤
 絵柄の変わる時期に入ったようで、どうにも安定しない。話はやや停滞。

・「電撃帝王」vol.006
 田中久仁彦・小野敏洋・栗橋伸祐が圧倒的に漫画になっていると思う。
 以下漫然と。
・まったりさん・・・一番作家の腕力と技術を感じる。
・いおの様・・・キャラの顔の見分けがつかないわ。仕上げが綺麗で、なんか面白い気がする。
・いぬ・・・しゃあってこんな変な凝ったコマ割りする人だったんだ……以上の感興はねえ。
・ひつじ・・・非主流派宇宙論は好きなだけにやや点は辛くなりますが、上記三人の次に漫画になってるのは確かだと思う。
・ねこ・・・ちゃんと漫画。それ以上に言う事ぁねえがヒロインが萌える。
・むし・・・バカ中学生道。いいなあ。
・OS・・・フッツー。言い換えると、まとも。
・アンドロイド・・・絵柄の古さと展開の拙さがなにか印象に残る。
・キッチンメイド・・・絵が綺麗。まあそれだけやなあ。
・戦闘メイド・・・面白い。男どもの髪型が。
漫画 | comments(0) | trackbacks(2)

久保帯人『BLEACH』1〜16巻 その2

2005.04.03 Sunday 04:49
 ところで恋愛とは救済と意味をもたらす仮構された抽象的実在物であり、その意味で神と似ている。神が実在するとはあまり思っていない俺の事であるからして、恋愛が実在するともあまり思っていないのだが、だからこそフィクションで追求する主題としてはゾクゾクするほど面白い、SF的なロジックの喜びがある、と思う。
 というような主題としての恋愛を神学に喩えるのならば、日々の信仰、日曜ごとの礼拝や食前の祈りに相当するような、『武装錬金』用語で言うところのストロベリる、題材としての恋愛がある。
 前回非常に希薄と書いたのは後者の方。例えばやちるにとっての剣八は彼女の世界観を構成するもっとも重大な要素なのだけれど、二人の関係は欠片も甘やかには描かれない。この二人の関係も恋や愛とは呼ばれない。別段呼称もないのだけれど。
 『ONE PIECE』なんかにもこれは共通する態度で、『ONE PIECE』はこれを”仲間”と”誇り”の問題として描出し、恋や愛とは言わないし、そして恋愛はサンジが道化を演じる時にだけ呼び出される概念としてのみ扱われすらする。
 バトルが続くとアンケート順位が下がる『武装錬金』がマニア層の支持のみにとどまるのに対し、この二作品がアニメにまでなっているのはつまりそう言う事なんだと思う。
漫画 | comments(0) | trackbacks(0)

まりお金田『GIRLSブラボー』4〜6 その2

2005.03.17 Thursday 04:30
 原作では雪成のミハルに対する気持ちと福山の女の子たちへの気持ちの間に明確な差異があるようには描かれません。
 一方がそれ自体としては否定されず、もう一方がセクハラとして排撃されるのは、女の子の方の恣意によります。
 まあ、当たり前の話ですが。
 それを当たり前と看做しえないのはアレです、セクハラなんてのはおめえ、イケメンだったら許されんだろ、みたいな事を言うダメ親父です。
 まあでも視聴者とか読者とかってのはダメ親父みたいなもんですから、そこはなんか違うかのように描くのがハーレム漫画の常道です。不可抗力とか10歳のお子ちゃまとか。
 その辺の配慮が一切ない原作は凄いと思います。そこが女性の恣意である事に一切の理不尽を見出していない、というか、福山のそれと雪成のそれが同質だと看做しうる立場がはなっから想定外、というか。
 で、アニメ版のスタッフがこの原作の凄いとこをどう普通のハーレムものに落とし込むかというと、福山を持ち上げ、雪成との同質性を強調する、という方向になるわけです。それ、逆。
 書くまでもなく違うから違うと書いていないものを、違うと書かれていないからには同じだろうと読むのは、書かれたもの自体の読み取りとしては決して間違いではない。
 間違いではないんだけど、アニメと原作の印象が正反対になる原因がそのあたりの読み取りにあるのはかなり明らかで、三度同じ結語を使えば、中々に興味深い。
漫画 | comments(0) | trackbacks(0)

まりお金田『GIRLSブラボー』4〜6

2005.03.15 Tuesday 04:25
 原作をブックオフで買ってきて色々確認しましたよ。
 前回書いた非常に後味の悪い話は六巻所収のACT.35。
 日記を読んだあと、こよみを元気付けるために福山抜きでお花見に行くんだったわ、そうそう。そこに福山乱入→セクハラ→日記か。

「世界が福山に優しいのではなく無関心。まりお金田はBL流の弱THS」とは畏友すじゃたんの言だけれど、原作の福山は確かにただのにぎやかし。こよみや桐絵のこんな目に合わされてしまった自分かわいそう萌えを演出するための装置に過ぎない感じではある。
 アニメ版はトモカをちゃちゃっと登場させたりただコンパクトにまとめているかのようで、その辺実は綺麗に作品を反転させていると言える気がしなくもない。福山を愛しているのはアニメのスタッフだという事です。原作では理不尽にしか担保されていない福山と雪成の女への思いの間の差異を正当にも認めていない、というか。
 ところで原作は弱THSなので、真性THSのセンチメントを大いに欠いていて、弱とはいえTHSだからまったりもしていなくて、結果としてものすごくただ殺伐としたお話に仕上がっている。
 前回と同じ結語になるが、やはり中々に興味深い。
漫画 | comments(0) | trackbacks(1)

高遠るい『CYNTHIA_THE_MISSION 1』感想リンク集

2005.03.14 Monday 16:27
 個人的に集めてたんだけど、なんだかんだで実は結構話題作のようなので、公益性もあろうかと公開。OPERAのブックマークをHTMLとしてエクスポートする機能が使いたかっただけとも言う。結構ええ加減。ツッコミ・修正などのアレはコメント欄へよろしう。追加はするつもりなのでコメント欄などでタレコミよろしう。
 『弩月万罪』編は暫し待て。

MANGAOH CLUB [舞-HiME]

はてなダイアリー - 高遠るいとは

濃霧-gNorm- ひょうたん書店 準公式サイト: 1巻目の「CYNTHIA_THE_MISSION−シンシア ザ ミッション」

徹底放置

煩悩日記(2005-02-25)

2005年2月ログ - 過去ログ - 日本関西化計画

俺道: OK、カテゴリ追加だ

俺センター過去記事:帝王まだ読んでない……。

積読を重ねる日々: 『シンシア ザ・ミッション』読了

日刊リウイチ

でんでん雑記II(2005-03-02)

虚弱庵−更新記録&その他言いたいこと2005年02月後半

あきばをーかー: 今日の一冊

日記2005年3月

[弐] 第弐齋藤 | 土踏まず日記(2005年 3月 上旬)

読了:たまには漫画の新規開拓 : 墜落Blog -北国tv

ARGON/Diary/Latest

[弐] 第弐齋藤 | 土踏まず日記(2005年 3月 上旬)

DiGITAL OVER!分室:お買い物

シンシア・ザ・ミッション|私書箱28号

私書箱28号

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tabasa7/diary51.htm

CYNTHIA THE MISSION (1)|おこずかい帳

散財日記@千夏: シンシア ザ ミッション(1)高遠るい

あらたとしひらwebsite/あらもーど: シンシア ザ ミッション/高遠るい

CYNTHIA THE MISSION 1 評価 8/10 オススメ貧乏だけど心は萌え

関心空間:CYNTHIA THE MISSION

2005年3月


takecのぼんやり - そうか、ひなまつり

FULL MOON PRAYER - 花粉飛んでる?

ぼんくら日記++

アリオッチ!アリオッチ!アリオッチ!

ばばニッキ ――おおきく知りかぶって―― - ♪ ♪

dominoの編集後記

【446の暫定猶予的日常記録】 - 05年2月26日(土)

ホシクサ

Are you feeling fine?

HentaiJapanimation4seasons | 高遠るい『CYNTHIA_THE_MISSION 1』 その2

HentaiJapanimation4seasons | 高遠るい『CYNTHIA_THE_MISSION 1』 その2

CAXの日記 - いいとも増刊号で太田のとあるコメントが綺麗にカットされていた(笑

自由からの遁走 - 煮崩れた日記とYシャツと赤ちゃんと僕 - キャッチャーの気分

the scum of society

D16の日記

(・∀・)ノわはー

北沢龍平のガン=カタ日記

フエタロさんの日記ですMaxHeart

眼帯少女パラべラム

日々是魚を蹴る

the scum of society

ハー○イ○ニー観察日記 - だらだら思いつきシリーズ

管理室 - 返上

the scum of society

whirl -> 200503

どーんとやってみよう - 2005/03/10

HentaiJapanimation4seasons | 高遠るい『CYNTHIA_THE_MISSION 1』 その3

心に残るあの台詞・2005年3月上旬分

漫画 | comments(2) | trackbacks(2)

久保帯人『BLEACH』1〜16巻

2005.03.14 Monday 07:11
 なんかタイミング的に丁度ブックオフに全然出てなくて結局全部新刊ですよ。
 この金で 何が買えたか MWA
                薫
 季語は『MWA』。季節はヰタ・セクスアリス。
 まあ面白かったからいいんですけど。
 好きなのは誰かと聞かれたら斬月ですがエロいのは誰かと聞かれたら空鶴と夜一さんと松本副隊長とネムがデッドヒートを繰り広げるんじゃないでしょうか。あと七緒ちゃんは七緒ちゃん枠で。
 何故今『BLEACH』かの理由その1その2
 『デモベ』よりもむしろ『F.S.S.』を連想したのは更木隊長がウラッツェンと同じ髪型をしているからに相違あるめえ。あと「隊長格と出会ったら迷わず逃げろ」が「剣聖が出たら即、後退!!」。二巻の改訂版のせいで脳内が『F.S.S.』色に染まっていただけであるのがあまりに明らかなこういう場合どうすればいいんでしょうか。

 ところで結構まっすぐ杏子にときめいてしまう遊戯ボーイと同じ苗字をした武藤カズキ君にドゥーユーラブトキコツムラ? と聞けばイエスアイドゥーという答えは結構あっさり返ってくると思うのだけれど、黒崎一護君は「別に」とこれまたあっさり返してしまうのでした。
 信念を貫け、と口にする『武装錬金』の登場人物たちはむしろ感情で動きがちであり、助けたいと思ったから助けた、という『BLEACH』の登場人物たちはむしろ観念で動きがちである。
 そこが少女漫画といわれればその通り。そこが少女漫画じゃないと言われてもその通り。偏差値低くなりきれないとこが『デモンベイン』といわれればそれもその通り。
 読んでいて気付くのが恋愛要素が非常に希薄な点。友情と正義で人々の行動が大体説明つくのね。織姫は一応一護の事が好き風だけれど、斬月の一護への思いに比べればへのかっぱですよ。
 いわゆる美形ではない男がそれでもカッコイイ、という方向への拘り方はある種のコロコロ漫画のようね。
 美形様がエラくない事によりテニプリ大好きな俺の身内の間で評判が悪いのはよくわかる。
 コストかかってるからもう何回かぐだりたい。
漫画 | comments(0) | trackbacks(0)