嬉遊曲バナ
企画・原案・ディレクション・シナリオその他
通信販売中

HentaiJapanimation4seasons

四季折々のへんじゃぱ

スポンサーサイト

2005.08.23 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

さらに続く

2004.11.25 Thursday 13:23
 さらに続く。
 《スレイヤーズ》の第一部、『死霊都市の王』までは、あまり知られていない事ですが、まごう事なき和製異世界ファンタジーのマスターピースの一つです。
 中世ヨーロッパのマニアの人とかは言いたい事も色々あるかも知れませんが、じゃあお前らS-nery時代を知らない桑島ファンを見下す俺の立場が容認できんのかよ。できねえだろ。
 かようにさくっとマニアの人を無視すれば、《スレイヤーズ》は、少なくとも第一部は面白い。
 饒舌体なのにプロットがもたつかないのがエラい。その先の批評的な展開がお望みなら別に普通に読み込んでいけばいいと思う。予め善神が喪われた世界、とか。圧倒的な魔族に知恵と勇気で立ち向かう、とか。世界の階層構造とか。確固たる正義なんてないし世界は大きくて僕らはちっぽけだけど知恵と勇気を持って誇り高く生きていこう、という人間讃歌だよ、基本的に。
 で、第二部ではそのプロットワークの冴えが微妙に失せて、というのはつまりストーリーの駆動力となるべきキャラクター同士の関係性の構築に微妙に失敗していて、だからリナの軽口もキレがない。
 長さって言うのは必然的に主題を呼び込むんだけれど、その呼び込まれるべき主題を結局は作家が見出せなかった感がある。
 ここで《スレイヤーズ》のもっとも成功したフォロアーである《魔術師オーフェンはぐれ旅》を持ち出してニーチェとドストエフスキーを引っ張り出してくる事で第二部終盤を骨太な思想小説(?)に仕立て上げる事に成功して云々かんぬん、とやってもいいのだけれど信者の繰言になるのでやめておく。
 続けたい。なんとはなしにピン。
痙攣的思考 | comments(0) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

2005.08.23 Tuesday 13:23
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://kaolu4s.jugem.jp/trackback/125

トラックバック

当座しのぎ。

 続いた。  わーいピンの打ち甲斐があったよー。  流石に色々面白いのですが、とりあえず聞かれた事へのお返事だけ。あとでもっと書きます。 > 「世界観=手からビームが出る理由」って言い方はいろんな意味で頭悪いからやめようよ  あう。確かにこれはご指
| HentaiJapanimation4seasons | 2004/11/27 1:38 PM |

[うにょーん]ピンを打たれてしまったので

 http://kaolu4s.jugem.jp/?eid=125  せっかくなのでちょっと雑感書いてみようかと思う。  それ以前にわたしは返事をくれたあの人に返事をしたいのだけど、なぜか言葉が出てこ ...
| にゃーおぅ | 2004/11/27 1:29 PM |