嬉遊曲バナ
企画・原案・ディレクション・シナリオその他
通信販売中

HentaiJapanimation4seasons

四季折々のへんじゃぱ

スポンサーサイト

2005.08.23 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

キモ過ぎて目が潰れるので読むな

2005.02.14 Monday 23:59
 トゥデイは氷室乃雪嬢のお誕生日ですか?
 ですね。
 お祝いSS的なものを続きに書いておきますが、キモい事この上ないので弱い人が見ると目が潰れます。見ないでください。
「おはよう。今日が何月何日か、大宰君はご存知かしら?」
「2月14日だね。聖バレンタインデーだ。僕はね、君と言う人の義理堅さって奴に常日頃から敬意を抱いているんだ」
「時々いけすかないナンパ男の地が出るわね。
 今日は私の誕生日に決まっているでしょう?」
「いつから?」
「17年前から。正確には17年と9時間ね。13日の11時ごろに産気づいたって話だから」
「その十月十日前じゃないの?」
「ちょっと予定日伸びたんだって聞いた」
「へえ。ゴーダマのようだね」
「釈迦って言えばいいのに」
「君がそれを言うとは」
「何か変かしら?」
「いや、別に」
「で、何か私の誕生日のお祝いの用意はあるのかしら? 俗物的には外せないイベントなのだけれど」
「それは君が義理堅さを見せ付けてくれてからの話じゃないか?」
「そうかしら」
「バレンタインは義理でチョコを渡すもので、誕生日は心からお祝いするものだろう? 君には渡世の義理があるが、僕にはない。君の誕生日を祝うか否かは僕の意に任されている、と言っていい」
「私とバレンタイン司祭、どっちが大切なの!?」
「思いもかけない質問だね、それは」
「そう?」
「君は口先野郎だけど、バレンタインのオヤジは命ぁ張っとったからのう」
「それこそ、それを貴方が言うとは、だわ」
「ふぅむ。お互い、不幸な行き違いがあったようだね」
「余り露骨なごまかし方は嫌われるわよ」
「それは歓迎できないな。
 ……仕方がない。もうちょっと引っ張りたかったんだけど、はい」
「……嘘」
「嘘っておい」
「ありがとう。嬉しいわ。
 ……ところでこれ何か聞いてもいいのかしら」
「某水族館で買ってきた亀のぬいぐいるみ」
「誰と行ったのかは追求しない事にするわ。
 ……開けてもいい?」
「どうぞ」
「可愛い。なんで亀?」
「それを見て僕の何かを思い出してもらえたらってね」
「……」
「17歳初の梯子外しおめでとう」
「……くっ」
「二人のバレンタインデー・母乳チョコ編に続く」
「続かない」
ゲーム | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2005.08.23 Tuesday 23:59
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://kaolu4s.jugem.jp/trackback/188

トラックバック