嬉遊曲バナ
企画・原案・ディレクション・シナリオその他
通信販売中

HentaiJapanimation4seasons

四季折々のへんじゃぱ

スポンサーサイト

2005.08.23 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

電波男はまだ読んでない。

2005.03.22 Tuesday 01:57
昔資本主義の外部としてのファイル共有というお題目を考えた。このへんのお話。
 論理的な繋がりは結構遠いので各自補完よろしこ。別にファイル共有を推進する意図とかはまるでないので誤解なきように。
 まあ、ファイル共有はおいておくとしても、オタク資本主義は恋愛資本主義よりも無害ではあるでしょう。リアル人間を商品化しないからね。
 二次元というソリューションですら届かない層があるからといってそのソリューションを否定できるのかって言ったらそれは無茶な話であって、それで救われうる層はそのまま救われておけばいいと思う。Kさんが言ってるのはオタクは一番不幸な人間ではないから救われる価値もない、という事に結局はなるのではないかしら。それはなんかヤバすぎる論法よね。
 なんにもなんににも期待しないで気楽にいい加減にやっていけばいいんだと思うわ。
痙攣的思考 | comments(7) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2005.08.23 Tuesday 01:57
- | - | -

コメント

あんな答えでよろしかったでしょうか。
また何かありましたらお気軽にどうぞ。
| かおる | 2005/03/26 8:48 AM |
なるほど。既存の権威への戦いという視点があったんですね。それならいろいろ納得できます。

書き込んでから後悔で悶絶したりもしましたが、やっぱり質問してみてよかったな、と思います。突然のくだらない質問に答えていただいてありがとうございました。
| 小沢 | 2005/03/25 11:11 PM |
 うーん、正直に答えれば「だからと言って他にやれるような虚しくないこともねえしなあ」というところです。
 学生特有の将来への不安とか、エロゲ屋さんになってしまうとしたらなってしまったあとの業界の先行きとか不安はいくらもありますが、まあ趣味は趣味で、そういう俗世の塵とは関係のないところにある感じです。
 ただの趣味じゃん深刻ぶるこたあねえよ、ってとこでしょうか。

 このサイトでやってるような事に高尚さとか人類史的意義があるか、と言うご質問なら、それを獲得するための戦いの一環だ、という答えになります。
 現在それが確立されているわけではありません。
 既存の権威によりかかる方が楽には決まってる以上、既に現代思想の世界で盛名を轟かせている東さんにはもっと楽な生き方があるわけです。東さんの不安とは、自分が敢えて苦難の道を歩いている事へのそれでしょう。
 戦いである以上、負ける事もあるわけですし。
| かおる | 2005/03/25 12:14 PM |
最後切れちゃいました。

(声優批評の一般化には期待してもいいのですかァーッ)
| 小沢 | 2005/03/25 12:11 AM |
言い方がマズかったッス。せっかく思い切って(僭越ながらも)書き込ませていただいた
のですから、もっとストレートに行くべきでした。あまりにも遠まわしだ・・・。

もちろん、先に好きがあるというのは分かりますし、その"好き"に後から理由付け
してみたくなるという心性は、私にも大変よく分かります。ギャルゲーもやりますし。
ただ、(結構多くの人が)そこまでギャルゲをあれこれ検討してみることに正面から
のめり込めるのはなぜなのか、というのが知りたかったんです・・・。ってどういうことか?

つい先日、美少女ゲームの臨界点という本のあとがきを立ち読みしたんですが(高くてとても
買えない)、東が「私はここ数年来、オタク関連の批評ではなく本業をやってくれという声に
悩まされ続けてきた。そしてそれは必ずしも他人だけの声ではなかった。(オタ評論をやる自分)
に不安を感じてないとすれば嘘になる。」と言っているのを見て、オヤ?と思ったんです。
こいつ、割りきってたんちゃうの?と。

私もファントムやらエバーせぶんちーんやらを人から薦められてハマって以来、こうした理屈
こね回しサイトは結構楽しませてまらってますし、自分でもこういうことを考えるのは面白い
のですが、どうしてもこの東が聞くような声が離れないんですわ。シュミ(それもローコスト・
ローリスク極まりない完結した)とシゴトの違いもありますし、そうした次元の違いから「ハン」
とハナで笑われてしまえばそれまでのことなのですが、かおるさんはこういうことではちーとも
悩みませんか?こういうことというのはつまり「なんか、ちょっと虚しいかも」的な。

かおるさんなら製作者サイドからの視点もお持ちでしょうし、自分が折り合いつけるきっかけ
になることが聞けるかなと思ったので質問しました。

「ガキみたいにくだんねーな」と思われても仕方ないですが、恥は畳んでしまっちゃいました。
(声優批評
| 小沢 | 2005/03/25 12:06 AM |
はじめまして。
そんなにちゃんとした人文系のタームを使ってるわけでもないですが、まあそれはともかく。
そこは単純に順序が逆なのであって、まずアニメでのなんだのが好き、という事実があって、そこで何がどう面白いのか、何にひきつけられるのかと考えていく段階でその手のタームが入り込んできているんだと思います。
| かおる | 2005/03/24 10:06 PM |
お初にお目にかかります。読ませてもらってます。

で、読んでるとどうしても素朴な疑問が浮かぶんですが、
かおるさんはアニメとかギャルゲのどの辺を好きに
なったんですか?

人文系のタームでアニメ・ギャルゲを語る人が、アニメの
どのあたりに惹かれているのかに興味があります。
| 小沢 | 2005/03/24 6:25 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://kaolu4s.jugem.jp/trackback/216

トラックバック

電波男を読む

電波男を読む。 この本は最近読んだ中では一番の出来だったかもしれない。。。 僕自身、投資銀行という資本主義経済の台風の目の中で揉まれて来て、資本主義ってどういうものかってのはある程度分かったつもりでいた。 しかし、この本は衝撃だった。 資本主義経
| 投資銀行での理系のキャリア | 2005/04/23 3:24 PM |