嬉遊曲バナ
企画・原案・ディレクション・シナリオその他
通信販売中

HentaiJapanimation4seasons

四季折々のへんじゃぱ

スポンサーサイト

2005.08.23 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

かみちゅ! #2

2005.07.06 Wednesday 08:39
 前回篁馨で今回牧内ももこて。
 次回立田眞一とかいたら……ごめんなさい、こういうときどんな顔すればいいのか、わからないの。
 まーぴっち作監陣は深夜アニメではやたらに見かけるけどなー。二週連続で別の人ってのはちとウケた。

 相変わらずシビア。多分『千千』なんかよりもずっと。
 相変わらずお話にならない事を一切怖れない。
 だから可愛い。

(追記)
 えーっとなんか誰も指摘してないみたいなんで一応。
 まったりとかほのぼのとか全然してないっすよ。むしろ鬱展開。
 この世界、神様いてもいなくてもおんなじなんですよ。
 八島様がいなくなってもみこちゃんが泣くだけ。祀もお父さんも三ヶ月まるで気がつかない。
 八島様が逃げようとしたのはそういう立場からであります。そしてそれはゆりえが将来陥りかねない立場でもあるわけで。
 神様が当たり前にいる世界、というのは神様になったとしても誰にも特別扱いされない世界でもあります。
 二宮君が神様ってすごいなとは言うわけですが、そこで見ているものはゆりえが、と言うよりは祀が作り上げたものである、という皮肉。
 何者にもなれない、どこにも行けない、就職するころにはバブル崩壊。そういう行き場のなさ、閉塞感に満ち満ちていて、すげえ切ないと思うんですが。少なくとも第二回は。

(さらに追記)
 お話ってのはどうなったか、です、基本。
 どうにもならん、というのはお話とはあんまり言わない。
アニメ | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2005.08.23 Tuesday 08:39
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://kaolu4s.jugem.jp/trackback/272

トラックバック