嬉遊曲バナ
企画・原案・ディレクション・シナリオその他
通信販売中

HentaiJapanimation4seasons

四季折々のへんじゃぱ

スポンサーサイト

2005.08.23 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ライトノベル評論宣言予稿序説予告

2005.07.22 Friday 18:18
 ご紹介いただきました。
 えー、まずはお詫びしなければならない、いや、お詫びはしなくてもいいかなと思わなくはないんですが、補足しておきますと、あそこで言う「常識」は論文などで「周知の事実である」とやって微妙にごまかす時の用法です。
 ちょっと考えれば分かるよね、というくらいの意味に受け取っておいていただければ。
 あと、上遠野氏や古橋氏がSFコンテストがなかったから仕方なく電撃に行った、というような意図はまるでない、と言うか、SFM/ハヤカワJAの側が門戸を閉ざしていたがために彼らにこっちも出しておくか、という気を起させる事に失敗したというように読んでいただいた方が。なお、ラノベ作家が結構SFコンテストを目指していたという実例。

 それはそうと、前回あまり展開できなかった何故彼らの特異な作風は受け入れられたか、のあたりをもちっと。
 ライトノベルの最も重大な問題はキャラクターではありません。世界観です。という言い方が現代も通用するのかどうかに疑問はなくはないですが、『スレイヤーズ』ではじまった近代ライトノベルとはそういうものです。
 世界観、と言うのは無論あの意味での世界観、こういうとみーにぃには怒られるのだけれど、例の手からビームが出る理由の差異化ゲーム、結構悪めの意味でのジャンルファンタジーな世界設定であります。
 この「世界観」をもっと一般的な語彙における世界観に変質させる過程が、近代ライトノベルに於けるストーリーラインの眼目になるわけで、そこで必要とされるのが世界を観ずる主体、すなわちキャラクターであります。
 昔、川上稔はセカイ系だ、だってキャラクターの努力でセカイが変わっちゃうじゃん、と主張する人を見た事がありますが、まさにそれが世界設定を世界観にする、という事であり、キャラクターの変質により観ぜられる世界が変わって見える、というのはこれは『未来にキスを』椎奈シナリオなど引くまでもなく当たり前の話であります。
 それはきちんと睡眠をとれば何てことない日光が徹夜明けだとあんなにも眩しい事とパラレルっつーかまあ、そういう感じです。
 テクニカルな話をすれば、世界設定の開示のタイミングと、それに対する観じ方の変化のタイミングをどうするかのさじ加減こそがライトノベルを評価する時の軸になる、という事です。
 イヤな言い方をすれば、「ボクもあんなヒーローみたいにかっこよくなりたい」という願望ではなく「セカイがボクの思うがままだったらなあ」という願望が反映されているという事ですが、まあそういう安易な反映論は安易なのでどっかに蹴って置くとして。
 この評価軸は、世界をどのように設定するか、についてはかなり寛容なのではあります。それがこの現実を反映している必要はないけれど、してはいけないという決まりもない。
 ここで、寓話的に、あるいは直截に世界像を問う、というSFの最もスペキュラティヴな部分がライトノベルに輸入されうる根拠が生じるのです。ガジェットだけを輸入した例とした『星くず英雄伝』は挙げておきますか? あとがきのスペオペでSFじゃない宣言は結構兆候的です。
 世界設定-世界観・キャラクタの相互作用がライトノベルの眼目である以上、『ロードス島戦記』が半分ライトノベル以前で、五代ゆうが半分ライトノベル以下という事も自然に理解されるかと思います。残りの半分は何かっていうと本格ファンタジーって奴です。
 本格ファンタジーでは世界を設定する事は求められても、それを観ずる事は求められない。本格ミステリは世界を設定する事は求められず、世界を観ずる事だけは求められる。
 世界を設定し、観ぜよ、という二つを兼ね備えているのは本格SFだけであって、ライトノベルが本格化する時は、必然的にそちらへ行く事になります。
 で?
 あー、うん、まあ、それだけ。
痙攣的思考 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2005.08.23 Tuesday 18:18
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://kaolu4s.jugem.jp/trackback/280

トラックバック