嬉遊曲バナ
企画・原案・ディレクション・シナリオその他
通信販売中

HentaiJapanimation4seasons

四季折々のへんじゃぱ

スポンサーサイト

2005.08.23 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

最近のアニメ

2005.07.30 Saturday 10:49
・奥様は魔法少女
 微妙に薄気味の悪い長谷川絵とあまりっちゃあまりにベタな井上芝居が生む居心地の悪さは見事。
 成熟する/年を取る事の難しさとかまあその辺のネタをきっちりこなしていると言ってよかんべや。

・アクエリオン
 実はいまいち乗り切れてない。
 やっぱりおとなしすぎるよ。ロボットアニメのフォーマットに従いすぎているように思う。
 復習。
 えー、河森アニメは、基本的にはいつも同じ主題を取り扱っています。
 すなわち、偏差値デバイド。
 もそっと大人しい言い方をすれば、知ってしまっている事とそれが伝えられない事のギャップ。カサンドラの悲劇。
 『KENJIの春』が一番典型的で、『地球少女アルジュナ』が一番端的。
 お話ってのはお話だから、当然伝わってしまう奇蹟、が描かれえてしまうし、そうなった時には監督の主張を押し付けてきてキモい/ウザい、という話にもまあ、なる。
 その主張の内容で断罪するのもかまわないっちゃかまわないんだけれど、それはそれだけじゃない、という事です。
 ただ。『エヴァ』以降ってこたあないんだろうけど顕著なのはその辺からだと思うのでまあそう言っておくロボットアニメでありがちな、わけ分からんままロボ乗せられる系展開だと、知っている=乗せる側、知らない=乗せられる側という構図が綺麗に成立しすぎるんだよね。
 で、かつ、『エヴァ』の轍を踏む事を恐れれば、知ってる事を小出しにし、その小出しにされた知によって勝つ、という展開を取らざるを得ない。
 これってさ、つまるところ小さなコミュニケーションが常に成功し続ける話でさ、緊張感ないよね。

・ガン×ソード
 褒め難いが、好き。
 褒め難いというのは褒めやすすぎるという事です。

・かみちゅ!
 うーん?
 『R.O.D.』のアクションしてると微妙に匹敵する、神様してると微妙状態。いや、可愛いけどな。

・TLB
 えーと。

・ぺとぺとさん
 ぬりちゃんと霞刑部がキャラ被っててワラタ。
 当方TVK圏。

・苺ましまろ
 能登どうでもいいよ能登と言わざるを得ないと言い切りますと言い切りたいくらいには川澄が凄い。
 90年代を知らない若者達よ、これが伝説の清純派・川澄綾子だ。
 川澄・折笠・佐藤監督ってまんま『NieA_7』だよね。

・ゾイドジェネシス
 正直凄い。
 ゾイドのアニメで一番面白いんじゃないかしら。最早初代に負けてるのはあの/この/そのゾイドキター!の喜びだけだわ。それのないゾイドに意味はあるのか、てのは置いとく。
 丁寧でハードで地味なストーリーと演出はみんなが褒めてますが、敢えて言うならばバラッツって単位の使い方が凄く巧い。
 バイオラプトルはルージやガラガのムラサメライガーやデッドリーコングから見ると雑魚だけど、バラッツから見ると太刀打ちできない強敵なのね。そしてバラッツが標準のこの世界ではモルガキャノリーをあれだけ揃えているゼ・ルフトの軍事力は相当なものなのだろうし、ビームトータスを乗りこなすルージ父が村長的にふんぞり返れるのも頷ける。
 16話の夕食の時のア・カンの股間の描き込みが無駄に細かくて気になる。フリ・テンのめがねめがねも何時になく贅沢に枚数使っとるな。
アニメ | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2005.08.23 Tuesday 10:49
- | - | -

コメント

あー、でもバラッツとモルガの強さ比較、みたいなのは出てこないですけどね、作中。
でも、どこの序列はあるだろう、と。
| kaolu | 2005/08/07 12:40 AM |
ゾイドジェネシスの感想のバラッツ単位って言葉…目から鱗が落ちました。成る程!!
| 徘徊人 | 2005/08/05 4:05 PM |
まあそれがまともな感想というものよね<折笠トルクアップ
川澄は元々消え方において天才的なFWだったから。運動量を買っての中盤起用も悪かないが、つまらん、という印象にはなるわな。セカイのナカハラほどのバランサーじゃないし。
| かおらむ | 2005/08/02 1:32 AM |
川澄は、消えているときの消えっぷりが凄い気がするのだが、どうなんしょ。個人的には、折笠重い弾撃てるようになったなあという感想。キックは正確だけど弾が軽い印象があったので。
| hokusyu | 2005/08/01 11:02 PM |
 間口広いっていうか・・・なんだろうな。エンタメ化を目指してるわけじゃなくて、エンタメの河森化を目指してるつもりなんだろうけど、それにはちと、という感じかな。
 余談ながら、その作家の一番悪いところが全て集まってしまったような駄作・失敗作であるはずの作品ににおいてこそ何故か見るべきもの、真摯なものが生まれてしまうのが真の作家、という奴だと思う。河森はこの伝でいけばどう考えても表現すべき何者かを持ってしまった真の作家の類。そうならない奴は微妙な言い方だが、ただのエンターテイナー。と言う意味において作家の悪いところが噴出しまくった挙句みるべきところが一切ない『七人のナナ』を撮ってしまえた今川って人は本当に純然たるエンターテイナーなんだな、というか、今川ファンを自称する層はもっと『ナナナナ』を語れよ、と思うわけだが。あの驚嘆に値するつまらなさを。

 ガンソード、いい話じゃない?
 鼻つまみ者になってるかつての英雄が町の危機にかつてと変わらぬ心意気を見せるとことか。

 だからそう言ってるじゃん<かみちゅはアクションじゃないとこのがいい

 能登はどうだろう、いつもの公衆便所の中の公衆便所ではないって方が大きいんじゃなかろうか。
 るいクンも言ってるが、能登の起用法そのものとしては品があって意外性もなかなくて、いいよ。
 ただ、川澄が本当に凄いだけ。
| かおる | 2005/07/31 12:03 PM |
アクエリオン好きな僕ですが、実はアルジュナ大好き派としてはもっと言い訳のつかないような領域にまで走ってほしいとも思っているというのは以前言ったとおりです。現状では他人に「これ面白いよ」と言えてしまう作品にとどまってるところがもどかしいというか。でも、一方で河森の人間が丸くなって、より間口の広い作品作りを目指してるのならそれも仕方ないかなとも思います。その割りに人気が無いのが不憫ですが。

ガンソードすきなんだ。僕はあまり。褒めにくいところを頑張って褒めてみてくれませんか。

かみちゅ!はアクション以外の部分の方が良いと思うけど。

苺ましまろの能登はなぜかあまりよくないなあと思ってたが言われてみれば確かに川澄に負けてる感がありますね。
| ときのふう | 2005/07/31 2:22 AM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://kaolu4s.jugem.jp/trackback/282

トラックバック